© All Rights Reserved Mizuki

​プロフィール

女性の瑞々しさと喜びを引き出すファシリテーター

瑞喜(みずき)

【資格&経歴】

メディカルインテュイティブ認定ヒーラー

レイキティーチャー

大学で心理学を専攻し、その後も様々な心理学やヒーリングを学ぶ。

アメリカ在住のナンシークラーク博士に師事し、アリゾナ州でもクライアントにヒーリングを実践。

博士から「生まれながらのヒーラー、初対面の人でも老若男女問わず、皆からすぐに信頼される」と称される。

また、子どもの頃よりのサイキックな能力を活かし、透視リーディングを得意としており、過去世リーディング、人生の課題などのリーディング、そのほか音叉ヒーリング、インナーチャイルドセラピーに定評がある。

これまでに400人以上の悩みを聞きカウンセリング、ヒーリング、セラピーの臨床経験を持つ。

現在は、女性本来の瑞々しさと喜びを引き出すお手伝いとして「愛され顔ミラクルフェイシャル」のプラクティショナーとして活動。

単なるエステではなくヒーラーとしての経験を活かし、内側からの輝きを引き出すサポートをしている。

雑誌の取材で元・読売巨人軍のピッチャーの角 盈男さんにヒーリング。

瑞喜(みずき)からのメッセージ

わたし自身、この施術に出会ったとき衝撃を受けたのをおぼえています。

​顔をふわりと手で包むだけで、むくんでパンパンだった顔がシュッとし、みるみるリフトアップ。顔が一回り小さくなったのです。

さらに、顔の施術でなぜか頭のサイズも目に見えて小さくなりました。

おまけに肌が瑞々しく潤ってきて肌色が白くなったのです。

もっと驚いたのは、顔の施術にもかかわらず体(腕や脚)の皮膚もしっとり潤ってきたのです。

それを目の当たりにして、嬉しいやら驚愕やらで何が起きているのか理解できませんでした。

実はわたしはあまり美容に関心がなく、「外見より内面を磨くことが大事だ」と思って生きてきました。

オシャレは好きですが、高校時代はひどいニキビ顔で、20代もずっと肌が荒れていたのです。

容姿にコンプレックスがあったこともあり、「肌質や体質、骨格は変わらないからしょうがない」とどこかであきらめていたのかもしれません。

それがこの施術と出会い、

​あまりの嬉しさと感動に「すごい施術がある!」と周囲に言わずにはいられなかったほどです。

そして今度はわたしがこの施術をする側になると、喜び感激するお客さまの顔を見るのが嬉しくなりました。

これまでわたしは心理セラピーやヒーリングを通して多くの方のお悩みに寄り添い、「お悩み解決」のサポートをしてきましたが、どんなに辛い状況にある方でも、その方の魂はそれらの問題も吹き飛ばすほどの完全なパワーを、そもそも持っていることが見えました。

そこでお悩みにフォーカスするのではなく、次の段階として「人々の喜びを引き出す」お手伝いをしたいと思うようになったのです。

特に女性は、少しでもキレイになると喜びにあふれて毎日をウキウキと過ごせるようになります。

特に顔というパーツは対人関係でも重要なウェイトを占めますから、自分の顔を好きになれるだけで人づきあいに自信が持てるようになることもあります。

​とはいえ、わたしが考える「愛され顔」というのは他人からどう見えるか、他人と比べてどうかという他人目線のものではなく、その人本来の愛らしさがあふれている顔のことです。

あなたらしい美しさ、本来の愛らしさを全開にして、ますます輝くお手伝いをします。