• 瑞喜(みずき)

ヤンタラジローさんのアルケミーボウル演奏による満月の瞑想会

最終更新: 2019年9月24日

きのう9月14日13時33分に満月を迎えましたね。

わたしはこの時刻に、

ヤンタラジローさんの満月の瞑想会に参加してたんですよ(^^)


緑とお花で飾られたステージはとても美しく

そして色とりどりのアルケミーボウル。


ヤンタラジローさんの満月の瞑想会のステージ

ヤンタラジローさんは

これらのアルケミーボウルの奏者であり

シンガーでもあります♫

ヤンタラジローって誰???

というあなた。

名前だけ聞くと、

なんだか昭和の男クサい人かと思っちゃうかもしれませんが(笑)

実はこんな人↓



ヤンタラジローさん(写真はお借りしました)


男クサいどころか女性かと思う美しさ♡



さらに「ジロー」というものの日本人でもなく、

シンガポールの人なんですよね。



もっというと中身は宇宙人だそうです♫

 (13歳のときにアルクトゥルス人がウォークインしてから現在の才能が開き、人格も変わったんだとか)



だから中性的で人間離れした透明感があるのですね〜。

映画「ロードオブザリング」に出てくるエルフのようです♫



実際はお茶目なところもある優しい方ですよ♡


(ツーショット♡)


アルケミーボウルというのは、

クリスタルに金属などを混ぜて作ったボウル(器)で、

それを専用のバチで響かせて奏でるのです。



その音は倍音で響き、

チャクラや体を調整してくれるんです。



瞑想中にアルクトゥルスの神殿が見え、

次に、

そこにある高い背もたれのあるイスに腰掛けて歌うヤンタラジローさんが見えたんですよ。



彼がオレンジ色の光を発しながら歌っている姿が。



そのときわたしは

「オレンジ色」ということが意外に感じたんですよね。



その後、瞑想会の最後の挨拶のときにこんな風におっしゃってました。



「今日のお客さんはお腹(たぶん第2チャクラ)のエネルギー不足の人が多いようで、

『もっとちょうだい、もっとちょうだい』という感じだったので、

その音を長く響かせるのに苦労しました(笑)」

と。



第2チャクラはオレンジ色なので、

「それでオレンジ色の光で歌っていたんだ!」

と自分が見えたビジョンに納得したんですよね(^^)



わたしは音楽だけでなく「音」フェチでもあります。



なので昔から「音」について調べるのが好きなのですが、

とにかく生音を聴くのをオススメします♫



「音」とは周波数であり、

その振動が体や鼓膜に届いたときに「音」として認識されるんですね。



この「振動」がミソなんですよ。



CDではこの振動がカットされますから

コンサートやライブに足を運ぶのがいいんですよね。



特にエレキ(電子楽器)よりもアコースティック楽器はいいですよ。

だからわたしジャズが好きなのかもしれませんね。



ウッドベースの低音の響きと

ピアノのまろやかな響きがたまらなく好きなんですよね♡



特に今年から天王星がおうし座入りしたので(今年から7年間)、

五感を大切にすることがカギになるんですよ。



聴覚、視覚、味覚、体感、嗅覚などをフルに使って体験することが大事になるんですよね。



わたしもそろそろ

ジャムセッションに出る準備をしようかと思って

ワクワクしているところなんですよね〜♫



【愛され顔ミラクルフェイシャル】ホームはこちら





#ヤンタラジロー

2回の閲覧

© All Rights Reserved Mizuki